チャリポタ日記

元乃隅稲成神社

山口遠征2日目、14日の木曜日は5時起床。
昨日買ったパンを食べて、早速スタート。

今日は油谷湾を左に見ながら西進。
幸い追い風基調ですが、左折するべき交差点に元乃隅稲成神社は直進の標識。
標識に従い行くとやっぱり変なので引き返し。
コースミスで余分に走りましたが、早いスタートなので8時過ぎには元乃隅稲成神社へ到着。
今日の目的達成で、長門市駅へは10時。
厚狭行きの電車は12時3分なので、仙崎港見学と早めの昼食。
厚狭駅から1時52分発のこだまで、新尾道駅へは3時41分着。

コンビニで仕入れて今日の宿、尾道第一ホテルへ。
本日の走行距離 66キロ シャワー後1泡。

その後は近所の人気居酒屋で酒盛り。


180614s1.jpg
5時8分、宿からの海。

180614s2.jpg
スタートは5時42分。

180614s3.jpg
初めて見る標識。
小数点以下の斜度。

180614s4.jpg
北長門海岸。

180614s5.jpg
西長門海岸。

180614s6.jpg
棚田と日本海。

180614s7.jpg
山口県のガードレールは白ではなく黄色。

180614s8.jpg
8時9分、元乃隅稲成神社へ到着。

180614s9.jpg
先ずは上から眺めて。

180614s10.jpg180614s11.jpg
鳥居を潜り下へ。

180614s12.jpg
下からの眺め。

180614s13.jpg
鳥居の先にある龍宮の潮吹。
北東の風が吹き海が荒れると岩の隙間から海水が吹きあがる、
とのことですが、今日は穏やかな日なので潮吹は見られず。

180614s14.jpg
もう一度撮ってから撤収。

180614s15.jpg
県道66号分岐点の直進標識の意味が解明。
元乃隅稲成神社付近は狭隘な道路なので、観光客には反時計回りを推奨。

180614s16.jpg
長門市駅へ。
市役所などがある南口へ行ったら、ホームは長い跨線橋を渡った先。

180614s17.jpg
なので北口へ移動したけれど、電車は2時間待ち。
サイクルラックは駅舎の壁に押し付けた位置に置いてあるので、利用できず。

180614s18.jpg
時間つぶしに仙崎港。

180614s19.jpg
綺麗な荷捌き場。

180614s20.jpg
港付近の料理屋は11時過ぎの開店なので食べれず。
道の駅センザキッチンなら開いていそう。

180614s21.jpg
HIDAMARI RESTAURANTで早めに昼食。
ゆうやけ定食。

180614s22.jpg
脂がのったとろけるように柔らかいのどぐろの一夜干し。

180614s23.jpg
アジのフライ、それに野菜たっぷりの味噌汁。

180614s24.jpg
長門市駅へ戻り自転車をパッキング。
駅の売店で泡を買おうとしたら、酒類の販売は無し。
コンビニへ歩て行くと乗り遅れるかも。
泡は諦めて、美祢線の厚狭行きへ乗車。

180614s25.jpg
何と厚狭駅の新幹線ホームには売店なし。
在来線の改札外まで行かないと泡は手に入らず。

180614s26.jpg
危うく泡難民になるところでしたが、駅員に売店まで行きたいと告げて改札口を通過。
やっとで手に入れたロング缶。

180614s27.jpg
新尾道駅へ到着。
自転車を組み立て宿へ。

180614s28.jpg
尾道第一ホテルのサイクリングプラン。
自転車は地下の駐車場へ駐輪。
それに朝食用に焼きおにぎり2個とお茶付き。

180614s29.jpg
ランドリーで洗濯をしている間に泡補給。
洗濯終了後、近くの人気居酒屋、くら田へ。

くら田は後日別記事で掲載。

180614s30.jpg
7時過ぎにはホテルへ戻り就寝。
2日目も無事終了。



今日のルート

上記と新尾道駅から尾道第一ホテルまで約4キロ。



  1. 2018/06/18(月) 11:41:22|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕切り直しで伊久美~蔵田


昨日は完全休養日だったので、今日から活動再開。

ポタは6時15分スタート。
前回ReveのBBトラブルで取りやめた伊久美~蔵田コースを仕切り直し。
帰りの瀬戸川沿いでウォーキング中の元後輩と遭遇。
20数年振りなのですっかり話し込んでしまい、帰還は10時10分頃。

本日の走行距離 72キロ シャワー後1泡。



180617s1.jpg
定点の牛尾山。

180617s2.jpg
神座の7で補給。

180617s3.jpg
梅雨時なのに水量が少ない大井川。

180617s4.jpg
二俣の吊り橋。

180617s5.jpg
BB交換後のReveは快調。

180617s6.jpg
涼しいと思ったら蔵田の気温は21度。

180617s7.jpg
サム君は運動中?

180617s8.jpg
瀬戸川沿いの木陰道。



今日のルート



長いと思った1ヶ月のブランクはもう半分ちょっと経過。
意外と降らないので、自転車は乗れているけれど、呑み会はゼロ。
でも今日を含めて後半は5回の呑み会。


あと半月弱、思いっきり楽しまないと♪♪♪ 




  1. 2018/06/17(日) 11:46:33|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

角島

13日の水曜日、かねてから行きたかった山口県の角島と元乃隅稲成神社、広島県の鞆の浦へ向けて出発。
朝5時43分の電車で静岡駅、6時7分始発のこだまで新大阪駅へは8時10分着。
9時17分発のさくらへ乗るので、待ち時間を利用して1泡と朝食。
新下関へは11時29分着。
山口県はやっぱり遠いし、時間とお金(乗車賃18,810円)がかかることを実感。

身支度を整えて、今日の目的地角島へ向けて出発。
響灘海岸を左手に見ながら、向かい風のなかを北上。
道の駅北浦街道ほうほくで遅めの昼食。
今日の宿、ペンションマーメイドへ寄り荷物を置いて角島大橋へ。
角島をぐるっと1周して、本土(笑う)へ戻り、コンビニで飲食料を調達して再びペンションマーメイドへは6時到着。

本日の走行距離 72キロ 入浴後衣類の洗濯が終わるのを待ちながら1泡。
その後ハイボールなど。


180613t1.jpg
山口の旅スタート。

180613t2.jpg
安岡海水浴場。

180613t3.jpg
海も空も青くて気持ちいい。
でも、向かい風。

180613t4.jpg
海の直ぐ横を走る山陰本線。

180613t5.jpg
右の崖上に赤い鳥居。
元乃隅稲成神社は明日の予定だけれど…

180613t6.jpg
臨海絶景の福徳稲荷神社。

180613t7.jpg
斜度30%位の激坂を押して登ると社殿。

180613t8.jpg
振り返ると響灘。

180613t9.jpg
連なる鳥居。

180613t10.jpg
マムシ注意の看板を見て、くぐって進むと、

180613t11.jpg
崖の上にお狐様と小さな社。

180613t12.jpg
確かに絶景。

180613t13.jpg
絶好のブログネタ、鳥井ヶ峠、標高44メートル。

180613t14.jpg
二見浦の夫婦岩。

180613t15.jpg
穏やかな響灘。

180613t16.jpg
道の駅ほうほくで昼食。
風で幟がはためいている。

180613t17.jpg
フグのぶっかけ丼。
湯引きしたフグでイマイチ。

180613t18.jpg
小鉢のイカとウニの和え物は旨い。

180613t19.jpg
それからメカブ入りの味噌汁も〇

180613t20.jpg
食事しながら外を見ると角島大橋。

180613t21.jpg
今宵の宿、ペンションマーメイド。
予約時、宿泊は私一人なので食事は無し。

180613t22.jpg
高台から眺める角島大橋。

180613t23.jpg
風が強く怖いけれど渡らなくては。

180613t24.jpg
渡り終えて島側からの眺め。

180613t25.jpg
しおかぜコバルトブルービーチ。

180613t26.jpg
角島灯台。

180613t27.jpg
島中央部南側から眺める角島大橋。

180613t28.jpg
牧崎。

180613t30.jpg
宿へ戻り、呑みながら衣類の洗濯。

180613t29.jpg
宿からの日暮れを見ながら、ハイボール、酎ハイなど数缶。
〆はハーフのカップ麺(爆)を食べて就寝。



今日のルート

意外と疲れたと思ったら、1,200m超のアップ。






角島大橋、風が強いと怖い。
高いところが好きな脂身さん向き。

角島で営業中の宿は角島旅館1軒だけですが、一人では宿泊不可。
島外で一番近い宿は西長門リゾート。
私にお似合い(笑)ですが、今回は次に近いペンションにしました。



  1. 2018/06/16(土) 11:08:47|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

5年振りの再訪三陸海岸 2日目

遠征最終日、昨日は山口から広島の尾道まで移動。
今日は鞆の浦を尋ねる予定。

ブログ記事はおやぢ旅の2日目をアップ。


6月6日、三陸海岸 旅の2日目。

前日は早めの就寝だったので、4時過ぎに起床。
朝風呂や朝酒を楽しみ朝食。

8時過ぎ宿をスタートで、石巻漁港と日和山。
松島海岸は車中から見学。
塩釜で買い物、鹽竈神社見学後昼食。

2時半塩釜発、三陸自動車道利府塩釜IC~仙台北部道路。
東北自動車道~圏央道~東名足柄SAで遅めの夕食。
新東名~東名焼津ICへは午後10時半過ぎ。

長旅を終え、自宅へは11時過ぎの帰還。


180606m1.jpg
起床後、部屋のベランダから万石浦を眺めて朝ビー。

180606m2.jpg
朝風呂、再泡後、7時から朝食。

180606m3.jpg
全長876mの水揚棟。

130522im.jpg
5年前の画像。
荷捌き場は撤去されて岸壁があるだけ。

180606m4.jpg
遥か向こうの岸壁では水揚げ中。

180606m5.jpg
魚市場管理棟。

180606m6.jpg
建物の2階へ登り見学。
気仙沼の魚市場や焼津の魚市場も漁協が開設者ですが、石巻の魚市場は株式会社組織。

180606m7.jpg
2階見学デッキ。

180606m8.jpg
鳥の侵入を防ぐ閉鎖式水揚棟。

180606m9.jpg
魚市場の見学を終え、旧北上川河口の日和大橋を渡りながら石巻湾を撮影。

180606m10.jpg
日和山公園からの石巻漁港と日和大橋。

180606m11.jpg
北上川の中州と卵型の石ノ森萬画館。

130522hym.jpg
5年前の画像。
比べると今の方が木々の緑が増えている。

次は塩釜水産物仲卸市場へ。
午後1時までなので急いだのですが、なんと水曜日で休み。

180606m12.jpg
5年前も寄った仲卸市場横の佐藤かきや。

180606m13.jpg
店内で生牡蠣を食べて、牡蠣の佃煮他を土産に購入。
ついでにお勧めの食事処を聞くと、「廻鮮寿司 塩釜港」とのこと。
昼時は混んでいるから、鹽竈神社へ寄ってから行くと、待たないかもとのアドバイス。

180606m14.jpg180606m15.jpg
アドバイスに従い10数年振りの鹽竈神社見学。

180606m16.jpg
人気の廻鮮寿司 塩釜港。
昼時を過ぎたけれど、店内で少し待ってから着席。

180606m17.jpg
お酒は地元塩釜の浦霞。

180606m18.jpg
サービスのタコの頭肉の握り。

180606m19.jpg
別途オーダーののどぐろ。

他にも色々頼みたかったのですが、長老№2の一言「めんどくさいから、丼ものを注文しよう。」で断念。
還暦を迎えた私が最年少(爆)なので。

180606m20.jpg
そんな訳(悲)で、穴子丼。
マグロのつみれ入りの味噌汁が旨い。


さて、ボチボチ帰路につかないと、1泊4日になってしまう。






  1. 2018/06/15(金) 05:07:05|
  2. おやぢ旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

5年振りの再訪三陸海岸 1日目


山口遠征の2日目、今日も過去記事をアップ。


復興途上の三陸海岸おやぢ旅の初日。

6月4日の月曜日から6日の水曜日まで、おぢ5人で5年振りに三陸海岸を再訪。
私の運転で夜9時焼津スタート、東名高速~圏央道~東北自動車道阿武隈PA。
運転手交代で、一関IC~陸前高田へは翌5日の朝8時到着。

陸前高田、気仙沼、南三陸町、女川、石巻の大川小学校、女川のホテルへは4時の到着。
入浴後6時から夕食、寝不足なので8時前には全員就寝。


180605im1.jpg
運転交代後は、常に泡♪

最初に訪れたのは陸前高田。
市街地は嵩上げして再生作業中。

180605im2.jpg
陸前高田、海岸沿いの道の駅「高田松原」。

130520met.jpg
5年前の画像、殆んど変わらず。

180605im3.jpg
奇跡の1本松。

130520k1m.jpg
5年前の画像、保存作業途中。

180605im4.jpg
「米沢商会」高さ14mの屋上の煙突に、「津波到達水位」看板が設置。

180605im5.jpg
復興しつつある商店街。

陸前高田を後にして、気仙沼へ移動。
気仙沼の市街地は嵩上げは無し。

180605im7.jpg
気仙沼魚市場。

180605im8.jpg
魚市場隣の「海の市」で昼食。
鰹鮪の生産者団体、北かつが営むまぐろ屋。

オーダーはバチの赤身、トンボ、ネギトロの三色丼。
お腹が空いていたので、食べきったあと画像撮り忘れに気が付いた。

180605im9.jpg
食後は魚市場2階の見学デッキへ。
係船中の鮪船。

180605im10.jpg
三重県の近海鰹船が水揚げ作業中。

お次は南三陸町。

180605im11.jpg
嵩上げされた造成地に完成した、さんさん商店街。
商店街の名物キラキラ丼、5月~8月は特産のウニ丼。
きになるけれど、昼食を食べたばかりなので見るだけ。

180605im12.jpg
嵩上げ地に挟まれた防災庁舎。

130521bst.jpg
5年前、嵩上げ前の画像。

180605im13.jpg
新北上大橋を渡り、大川小学校へ移動。

180605im14.jpg180605im15.jpg180605im16.jpg
とてもモダンな造りの校舎。
お調子者のおぢ達も口数は少な目。
なぜ緩やかな傾斜がある裏山へ逃げなかったのか、大人の判断の誤り。

180605im17.jpg
車の中から撮った女川交番。

130521okb.jpg
5年前の女川交番。

180605im18.jpg
宿も5年前と同じ、華夕美。

180605im19.jpg
部屋から見る万石浦。

ひと風呂浴びてお楽しみの夕食。

180605im24.jpg
先ずは乾杯、お疲れさん。

180605im20.jpg
生イカを和えた松前漬け。
ほやのサラダ。

180605im21.jpg
銀鮭つみれの豆乳鍋。

180605im22.jpg
お造りはバチマグロ、ホウボウ、くじら、ホッキガイ、つぶ貝。

180605im23.jpg
カレイと筍、ジャガイモの煮物。

180605im25.jpg
甘えび、あいなめ、すずきはバイキング形式で取り放題。

180605im26.jpg
ホタテの焼き物。

180605im27.jpg
くじらの竜田揚げ。

その他、トマトと玉ねぎの茶わん蒸し、小豆のデザートなどがあり。

満腹でもう食べれず。
ご馳走様でした。


部屋へ戻り、長~い1日は終了。






  1. 2018/06/14(木) 10:46:13|
  2. おやぢ旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Mantraおやぢ

Author:Mantraおやぢ
KLEIN MantraとReve、LOUSI GARNEAUのJEDIとWilierのZero9で自転車ライフを楽しんでいる還暦過ぎのおやぢです。
本当はポタリングの後の冷えたビールが楽しみ。(笑)

漁業・水産業の街、焼津市内でしがない勤め人をしています。

好物は、もちろん魚介類と般若湯。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ