FC2ブログ

チャリポタ日記

強風なのでハイキング


御代替わりで今年から2月23日が天皇誕生日。
静岡県民にとっては、平成21年から富士山の日。

そんなおめでたい今日は絶好の晴れで富士山日和。

でも強風のためチャリライドは中止。
代わりに地元の山でハイキング。

花沢の里観光駐車場へデポ。
7時30分歩き始め。

法華寺~鞍掛峠~満観峰へは8時35分。
山頂は風がド吹いているので、撮影だけして下山。
駐車場へは9時50分着。


えんどう輪店、O女史宅へ寄って11時の帰還、1泡。

200223kh1.jpg
花沢の里観光駐車場へデポ。

200223kh2.jpg
長屋門造りの家々が並ぶ花沢の集落。

200223kh3.jpg
法華寺を過ぎて鞍掛峠方面へ。

200223kh4.jpg
ハイキングコース沿いの菜の花。

200223kh5.jpg
急な上り坂。

200223kh6.jpg
鞍掛峠へ到着。
峠は西風の通り道で強風。

200223khd.jpg
巻道で坂が緩んだけれどデンジャラスゾーン。

200223kh7.jpg
視界が開けた所を過ぎると急な階段部分。

耕作放棄の茶畑の脇を通ると、やがて…

200223kh8.jpg
満観峰山頂。

200223kh9.jpg
標高470m。

200223kh10.jpg
富士山の日の富士山。

200223kh11.jpg200223kh12.jpg
静岡方面と焼津方面。

さあ日本坂峠方面へ下ろうと思ったら、重大なミスに気付き。
膝の養生を忘てしまった。
なので林道と交差しない日本坂峠方面はNG。
来た道を引き返し。

200223kh13.jpg
膝が痛んだら3回交差する林道下り。

200223kh14.jpg
法華寺が見えてきた。
何とか膝はもって最後までハイキングコース。

200223kh15.jpg
行きは日陰だった梅が、帰りは日差しを浴びて綺麗。


明日は軽い筋肉痛かな?







  1. 2020/02/23(日) 13:15:00|
  2. 山歩記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾瀬沼の水芭蕉


6月2日の朝4時前、夜行バスに揺られて大清水休憩所へ到着。
真っ暗な中持参のライトを点けて、尾瀬歩きの支度。
車中泊のラルゴさんと合流し、4人でスタート。

夜の帳が明けはじめるなかを一ノ瀬までダートの林道歩き。
ハイキングコースに入り傾斜がついた木道や階段状の登り。
三平峠付近では残雪で歩きにくい。

峠には6時20分到着で小休止。

下りの残雪部分は滑るのでアイゼンを着けたいけれど、木道を傷めるので使用せず。
慎重に下って6時50分、三平下へ到着。
トイレ休憩後尾瀬沼散策。

尾瀬沼は丁度水芭蕉の季節。

7時50分、長蔵小屋のある沼東畔に到着。
尾瀬沼や燧岳を見ながらおにぎりの朝食。

ゆっくり休んでから大江湿原往復。
9時20分、帰路へ。

9時50分、三平下の尾瀬沼休憩所。

三平峠まで登り返して、階段状の辛い下り。
大清水へは12時50分の到着。
楽しく辛い(笑)山歩きは終了。


歩いた距離は16キロ。
ヘタレの私には、ちょっとハード。



190602on1.jpg
大清水の標高は1,190m。
最初はダートの林道歩き。

190602oni.jpg
ラルゴさん画像1。
3.2キロの歩きで一ノ瀬休憩所へ到着。
320m登って標高は1,420m。
3.2キロで320m、斜度は10%なので自転車では辛い。
歩いても辛いけど。。。

190602on2.jpg
新緑と清流を愛でながらの登り。

190602on3.jpg
気持ちいいですね♪

190602on4.jpg
ラルゴさん画像2。
時々現れる階段、帰路が辛そう。

190602on5.jpg
峠近くは残雪。

190602on6.jpg
三平峠。
一ノ瀬から2キロ、342m登って標高1,762m。

190602on7.jpg
峠で一休み。

190602on8.jpg
ラルゴさん画像3
三平下への下り。

峠から三平下まで1キロ、100mの下り。

190602on9.jpg
尾瀬沼と燧岳。

190602on10.jpg
場所を変えてももう1枚。

190602on11.jpg190602on12.jpg
水芭蕉。

190602on13.jpg
気持ちの良い木道歩き。

190602on14.jpg
長蔵小屋手前の水芭蕉群生地。

190602on15.jpg
三平下から尾瀬沼に沿って1キロ、長蔵小屋のある沼東畔。
ベンチに座っておにぎり。

190602on16.jpg
大江湿原方面。

190602on17.jpg
大江湿原の木道歩き。

190602on18.jpg
湿原を流れる小川。

190602on19.jpg
振り返って尾瀬沼方面。

190602on20.jpg
尾瀬の自然保護に尽力した平野家の墓。
小屋から1キロ弱で引き返し。

190602on21.jpg
尾瀬沼休憩所脇の豆桜。

190602on22.jpg
新緑は癒されるけれど、階段の下りは辛い。

190602on23.jpg
最後のダート道。


第2部終了、明日は第3部。


  1. 2019/06/04(火) 17:32:20|
  2. 山歩記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

尾瀬沼散策(速報版)


6月2日、今朝の尾瀬沼。

190602onm.jpg

水芭蕉の花が丁度盛りでした♪

詳細は後日アップします。



  1. 2019/06/02(日) 20:32:03|
  2. 山歩記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山用シャツを購入


今週末の尾瀬行きに備えて、山用シャツをネット通販で購入。

1905mys.jpg

ミズノ製、廃番の在庫処分品。
メーカー希望小売価格 9,180円 (税込)が半額以下の3,999円 (税込)。

サイトのうたい文句は、
ポリエステル100%の吸汗速乾性に優れたオリジナル素材「マジックドライ」を使用。
とのこと。

週末が楽しみ♪



  1. 2019/05/27(月) 18:27:58|
  2. 山歩記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雪が少ない竜ヶ岳


自転車海苔達の2月恒例行事、竜ヶ岳オフ。

7時にハナカミさんがお迎え、7時10分焼津駅で前泊の利布創さんをピック。
藤枝岡部ICから新東名で新富士IC、西富士道路経由、本栖湖畔へ。
最強寒波襲来で県境辺りの雪道が心配だったけれど、雪は無し。
何故か本栖湖キャンプ場の駐車場はチェーンで閉鎖。
スポーツセンター脇の湖畔へデポ。

山岳部長夢津軽さんの車も到着。
スレイプニルさん、ラルゴさん、ノリさんが同乗で今日のメンバー7名が集合。

9時、雪が無い登山道を歩き始め。
いつもより雪が少ない山頂へは11時15分頃の到着。
食事後、12時下山開始。
1時半頃デポ地へ。
湖で汚れた靴などを洗い、利布創さんを富士駅まで送り、R1BP~清水港湾道路~清水市街地。
久能街道経由、自宅へは4時半前の帰着。




190210rk1.jpg
身支度を整えて出発準備。

190210rk2.jpg
全く雪がないハイキングコース。

190210rk3.jpg
雪が無くても気温が低くて、顔が痛い。
寒い中を黙々と登り。

190210rk4.jpg
本栖湖と南アルプス。

190210rk5.jpg
富士山は見えたり、雲で隠れたり。

190210rk6.jpg
東屋付近まで登ると、少し雪がある。

190210rk7.jpg
樹氷。

190210rk8.jpg
大分雪が増えてきたけれど、陽当たりの良い所は泥道。

190210rk9.jpg
樹氷のアップ画像。

190210rk10.jpg
山頂て前では白い花が咲いたような景色。

190210rk.jpg
雪がまばらな山頂。

190210rk11.jpg
山頂から眺める富士山。

190210rk12.jpg
それに南アルプス方面。

190210rk13.jpg
補給は悪魔のおにぎりと小さなカップ麺。

190210rk14.jpg
下山開始。

190210rk15.jpg
本栖湖と南アルプスを眺めるメンバー達。

190210rk16.jpg
左へ折れて急な下山ルート。

190210rk17.jpg
途中からは雪が無くなり、落ち葉を踏みしめながらの下り。


神奈川組は反省会やったのかな?
静岡組はそのまま帰宅。


拍子抜けなほど雪が少ない竜ヶ岳でしたが、樹氷が見れて楽しめた1日。
来年も行けたら良いですね♪



  1. 2019/02/10(日) 19:25:38|
  2. 山歩記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

Mantraおやぢ

Author:Mantraおやぢ
KLEIN MantraとReve、LOUSI GARNEAUのJEDIとWilierのZero9で自転車ライフを楽しんでいる還暦過ぎのおやぢです。
本当はポタリングの後の冷えたビールが楽しみ。(笑)

漁業・水産業の街、焼津市内でしがない勤め人をしています。

好物は、もちろん魚介類と般若湯。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ