チャリポタ日記

かみ合わない酔っ払いの口論

私の家の隣は、昭和の時代が色濃く残る昔ながらの酒の小売店。
拘った地酒やワインなどは無くても、角打ちができる店。
ジモティのおやぢ達の憩いの場。

今宵はおやぢ達のメートルが上がり気味で、話し声が盛れ聞こえてくる。
最初は大谷君の二刀流大活躍や、豪栄道の全勝優勝など、いかにも酒呑みおやぢ好みの話題。

私が入浴する頃には、何故かメートル最高潮で口論に発展。

大きな声のおやぢは、会社経営の秘訣は岩崎よたろうを見習うべきだ。
お前、偉大な経営者のよたろうを知らないのか?

言われた親父は、岩崎何某は何処の魚屋だ。
生利節屋か塩鯖屋の店主だろ。
焼津には岩崎姓が多いからな。

吹っかけたおやぢが酔っ払ってろれつが廻らないので、弥太郎がよたろうになって、
吹っかけられたおやぢは岩崎弥太郎を知らないようで、かみ合わない酔っ払いの口論。


私は楽しい入浴でした♪



  1. 2016/09/29(木) 21:35:00|
  2. 徒し事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女房と北海道へ 3日目

北海道旅行最終日は、午前中小樽観光の続き。
昼頃札幌へ移動し、街中をぶらついて新千歳空港へ。

羽田から京急、東京駅から8時26分発のこだまへ乗車。
静岡で乗り換えて焼津駅へ、自宅へは11時前の帰還。

2泊3日の北海道旅行は終了。


2日目の朝、散歩は無しで大浴場で朝湯。
湯上り後は、朝酒で2泡。

160918s1.jpg
この日も朝食はバイキング。
イクラに甘えび、イカとマグロの剥き身。

160918s2.jpg
ホタテや鮭、ししゃも(カペリン)などの焼き物。

160918s3.jpg
スクランブルエッグやソーセージ。
それに北海道名物ザンギ。
ザンギ? ただの鳥から揚げですが…

160918s4.jpg
凝りもせず、プレーンオムレツ。
函館国際ホテルの方が豪華でしたが、今朝も満腹。

チェックアウト後は、荷物をホテルに預けたまま小樽駅へ。
160918s5.jpg
南小樽駅まで電車で移動して、メルヘン交差点へ。

160918s6.jpg
交差点名物、蒸気時計。

160918s7.jpg
意外と広い小樽オルゴール堂を見学&買い物。

160918s8.jpg
常夜灯も何故かメルヘンチック。

ルタオと北一ガラスの店ばかりの堺町通りをぶらり散策。
とある土産物屋で、「Mさん、Nちゃんのおとうさん。」後ろ側から私に声をかける人。
振り返ると、娘の友人あっこちゃんのお母さんのSさん。
私の女房とも仲良し。

Sさん達は、昨日札幌へ泊り、今日小樽へ移動してきたとのこと。
まさか小樽で焼津の知人に出会うとはビックリ。
10数分の雑談時間。

160918s9.jpg
カニはまだ食べていなかったので、この店に立ち寄り。
店主のセールストークは、内地で食べるカニ(タラバや毛蟹)は冷凍物をボイルしたもの。
うちの店は今見える水槽で生きているものをそのままボイル、チルド状態で宅配便で送るよ。
食べてごらん、と茹でたての毛蟹の試食。

甘くてほくほくの身を食べたら買うしかないでしょう。
25日の日曜日に届くように依頼して、料金を前払い。
旅行の翌週も楽しみが一つ♪

160918s10.jpg
歩き疲れた(言い訳)ので、泡を補給。
ホテルで荷物を受け取り小樽駅へ。

小樽駅から12時30分の快速エアポートライナーで札幌駅まで。

札幌駅で市営地下鉄南北線へ乗り換え。
駅名は同じ札幌駅ですが、乗り換えにはかなりの距離の移動。

160918s11.jpg
三つ目の駅、中島公園駅で下車。
中島公園の中を歩いて、JR北海道の広報誌に載っていた豊平館へ。
白い壁とウルトラマリンブルーの柱や窓枠などのコントラストが鮮やか。

160918s12.jpg
300円を支払い内部見学。
暖炉やシャンデリアがある広間。

160918s13.jpg
天蓋つきのベットがある部屋。

160918s14.jpg
階段手すりの曲線が美しい。

160918s15.jpg
地下鉄で大通駅まで移動。
時刻は2時14分。

160918s16.jpg
大通公園ではオータムフェスタ開催中。
色々なものを買い食いで昼食。

160918s17.jpg
列に並び蒸し牡蠣と生泡。

160918s18.jpg
ローストビーフ丼。

160918s19.jpg
話題の熟成肉のステーキ。

160918s20.jpg
生泡を追加後、歩いて札幌駅。
再び快速エアポートライナーで新千歳空港へ。

160918s21.jpg
5時発、ANA72便の羽田行き。
ファーストクラスの乗車客の中にTVで見慣れた人物。
プロゴルファーの青木功でした。

160918s22.jpg
私達はエコノミークラスへ。
羽田空港へは、着陸許可の関係で10分遅れで着陸。

東京駅構内のグランスタで食料を仕込みこだま号へ乗車。

160918s23.jpg
泡は定番の銘柄。

160918s24.jpg
夕食はまい泉のヒレかつとエビかつのミックス。
それにハイボール。

よく食べよく呑んだ北の旅は終了。
マイルをくれた息子に感謝♪♪♪





  1. 2016/09/29(木) 05:16:06|
  2. おやぢ旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女房と北海道へ 2日目後半

前日の函館山の夜景、上着を持っていかなかったので、ちょっと寒かったことを反省。
小樽運河ナイトクルーズに備えてホテルへ一旦戻り、上着を着て再出発。

ポツリポツリと雨が降り出したので、ホテルの傘を借りて散策。

歩き始めたら、土砂降り。
クルーズまでには止んで、運河の夜景を楽しんで、軽い食事後ホテルへ帰還。

大浴場でくつろいでから本日最後の泡を注入。
北海道旅行2日目は無事終了。




160917z1.jpg
大雨の中、北一硝子花園店へ。
液だれしない醤油差しを購入。

160917z2.jpg
かつて北のウォール街と言われた小樽。
旧日本銀行小樽支店。

160917z3.jpg
旧北海道銀行本店。
今はワインカフェ、小樽バイン。
後で軽めの夕食を食べることになった店。

160917z4.jpg
旧第一銀行小樽支店。

160917z5.jpg160917z6.jpg160917z7.jpg
日銀通りから、古い蔵を利用した店などが連なる堺町通りへ。

160917z8.jpg
ぼちぼち乗船時間に近づいたので、運河へ。

160917z9.jpg
6時乗船スタート。
先ずは左手に運河倉庫群を見ながら、浅草橋まで。

160917z10.jpg
浅草橋でUターン。

160917z11.jpg
一旦小樽港へ出てから北運河で引き返し。

160917z12.jpg
北海製罐の工場跡、現役の倉庫として使用中。

160917z13.jpg
港町交差点の夜景。

160917z14.jpg
40分の運河クルーズは終了。

160917z15.jpg
小樽バインで軽めの食事。
3種ワインの飲み比べセット。

160917z16.jpg
じゃがいものラクレットチーズ。

160917z17.jpg
ツブ貝のガーリックバター焼き。

160917z18.jpg
飲み比べたお気に入りを別途オーダー。

160917z19.jpg
ライトアップされた旧日銀小樽支店。

そぞろ歩きでホテルへ。


女房と北海道へ 3日目へ続く…


  1. 2016/09/27(火) 20:35:20|
  2. おやぢ旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女房と北海道へ 2日目前半

北海道旅行2日目は、函館から小樽まで移動。

路線図では函館駅~長万部駅~小樽駅までの函館本線が近いのですが、長万部・小樽間は1日4本のみの運行。
なので特急スーパー北斗号に乗車、函館を出て長万部から室蘭本線~千歳線で終着札幌駅。
再び函館本線で小樽駅まで、約4時間半の電車旅。

函館と小樽は近いと思ったけれど、意外と遠い。
北海道はやっぱり広いなぁ~と実感。



さて、昨晩はウニや活イカなど北の恵みを楽しみ就寝。
おぢはいつものように5時起床。
寝ている女房を起こさないように着替えて朝の散策。

160917q1.jpg
旧浅野セメント函館営業所。

160917q2.jpg
昭和63年3月13日まで運行していた青函連絡船、摩周丸。

160917q3.jpg
地方卸売市場函館魚市場。

160917q4.jpg
早朝散歩を終え部屋へ戻り、旅の楽しみ朝泡♪

もう1泡追加後、函館国際ホテルの名物、豪華な朝食バイキング。

160917q5.jpg
海鮮丼は、イクラ、甘えび、サーモン、山芋に海苔。
自家製豆腐、豚肉のソテー。
プレートには、ベーコンやコーン、クロワッサンにブルーチーズなど。

160917q6.jpg
追加は目の前で焼いてくれるオムレツ。

160917q7.jpg
オニオンやチーズ、ハム入りもありますが、オーソドックにプレーン。

160917q8.jpg
牛肉ステーキ。

160917q9.jpg
道産ジャガイモのコロッケにカレー。

160917q10.jpg
スイーツはNGですが、フルーツを少々。
満腹、満腹、これ以上は食べれない。

身支度を整えチェックアウト。

160917q11.jpg
朝市を冷やかしながら買い物を少々。
女房はメロンの買い食い。

160917q12.jpg
旧青函連絡船への線路。

160917q13.jpg
10時5分函館発の特急スーパー北斗7号へ乗車。

160917q14.jpg
お腹一杯なので、車中の泡は1缶のみ。

160917q15.jpg
11時前、太平洋側の噴火湾。

160917q16.jpg
2時過ぎ、日本海側の石狩湾。
広~い北海道ですが、場所によっては太平洋と日本海が近い。

160917q17.jpg
2時15分、小樽駅到着。
駅前のドーミーインが今宵の宿。
早めのチェックインで、荷物を置いて運河方面へ。

160917q18.jpg
先ずは、当日は現地での予約のみの運河ナイトクルーズを予約。

160917q19.jpg
旧安田銀行小樽支店。

160917q20.jpg
旧手宮線跡。

160917q21.jpg
朝食バイキングを食べ過ぎたので、昼食は遅めの3時過ぎ。
小樽市民お馴染みの若鶏時代なると。
寿司やどんぶり、定食などもある街の食堂。

160917q22.jpg
5時間振りの泡。

160917q23.jpg
名物、若鶏半身揚げ。

160917q24.jpg
海老の塩焼き。

160917q25.jpg
泡のお替り、また枝豆付き。

160917q26.jpg
鮑とみる貝の握り。
またもや満腹状態。

一旦ホテルへ戻り、上着を準備。
お楽しみの運河ナイトクルーズへ。


女房と北海道へ 2日目後半へ続く…



  1. 2016/09/26(月) 19:51:11|
  2. おやぢ旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西又周回、走行会、切山

昨日は雨で乗れなかったので、今日は乗らないと。
えんどう輪店の走行会は距離が短そう。
なので、6時スタートで西又峠を周回して道の駅宇津ノ谷で朝食。

えんどう輪店へ集合、9時スタート。
メンバーは店主のえんどうさん、MNさん、クロちゃん、KDさん、私と同じ苗字のMさん、紅一点のみッちゃん。
静浜基地の航空祭で飛来する飛行機を見学して、リバティの入口まで。

皆さんは引き返すようですが、Mさんは切山へ行くというので同行。
静岡空港でも飛行機撮影後帰路へ。
焼津まで戻り家の近所で食事。
Mさんと別れて自宅へは2時頃の帰還。

本日の走行距離 108キロ シャワー後1泡。


160925n1.jpg
第1部はソロで西又峠へ。
まだ道路は濡れていますが、雨の心配はなし♪

160925n2.jpg
空気が澄んでいるので山並みがくっきり。

160925n3.jpg
大分水が出ているので、沢蟹も道路を散歩。

160925n4.jpg
西又峠。

160925n5.jpg
いつもの明治トンネル。

160925n6.jpg
道の駅で蕎麦の朝食。

160925n7.jpg
えんどう輪転へ集合、第2部の始まり。

160925n8.jpg
焼津新港から堤防上で静浜基地付近へ。

160925n9.jpg
混雑しているので基地までは行かず。
手前の道路脇でフライト見学。

160925n10.jpg
RF-4

160925n11.jpg
F-15

160925n12.jpg
C-130

160925n13.jpg
第3部スタート。
Mさんの曳きで太平橋を渡り榛原方面へ。

160925n14.jpg
牧之原の茶畑。

160925n15.jpg
冨士山静岡空港からの夏冨士。
空港から冨士山が見えたのは初めて。

160925n16.jpg
12時過ぎにANNの札幌便が着陸。

160925n17.jpg
B738

160925n18.jpg
遅めの昼食は岩久大富店。

160925n19.jpg
軽く泡の補給。

160925n20.jpg
朝食に続いて蕎麦。
今日は米を食べずに終わりそう。


今からMNさんのアジトで反省会♪


今日のルート



  1. 2016/09/25(日) 15:47:44|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Mantra親父

Author:Mantra親父
KLEIN MantraとReve、LOUSI GARNEAUのJEDIとWilierのZero9でポタリングを楽しんでいる中年親父です。
本当はポタリングの後の冷えたビールが楽しみ。(笑)

漁業・水産業の街、焼津市内でしがない勤め人をしています。

好物は、もちろん魚介類と般若湯。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ